ケアメイト神戸とは

制度について

私たちは40歳になると、被保険者として介護保険に加入します。
介護保険は、介護が必要になったとき、それでも自立した日常生活をおくれるようにすることを目指しています。そのための給付はお金ではなく、利用者に必要な介護の度合いに応じて、設定された金額以内での総合的な介護サービスが提供されるという「現物」給付となっています。利用者は介護サービスを受けたら、原則としてその費用の1割(※)を負担します。
65歳以上の方は、市区町村(保険者)が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合、いつでもサービスを受けることができます。対象者・対象疾患については、ご利用ガイドをご覧ください。

※一定以上の所得のある第1号被保険者(65歳以上)の方は2割負担となります。